美味しく食べるには我慢が必要、洋ナシの追熟

でこぼこした特徴的な形をしている洋ナシは、サツマイモと同様に、収穫後我慢することによってより美味しく食べることができる、追熟が必要な果物です。

それではどのように追熟するのか、美味しい食べ方など、洋梨について調べてみました。

■洋ナシの追熟とは

洋ナシは木になっている間は熟成せず、収穫後熟成が始まる果物であることがわかりました。

収穫後にすぐ食べても美味しくないため、青みが残った洋ナシを購入したときは、室温で1~2週間程保存して上手に追熟させて美味しさを引き出す必要があります。

熟した洋ナシを購入したときは、冷蔵庫で保存すると追熟を遅らせることができます。 食べ頃に合わせて室温をコントロールすることが重要です。

洋ナシ全体が黄色がかり、軸の周辺が柔らかくなったころが食べ頃です。 追熟の途中で洋ナシを観察して食べ頃を逃さないようにしましょう。

青みが残る洋ナシは、紙袋に入れて保存すること、熟した洋ナシは低温で保存することが洋ナシの保存方法のポイントです。

■洋ナシの味わい方

リンゴは軸に対して直角に、リンゴを回しながら細く長く皮をむいていきますが、洋ナシはその特徴的な形からリンゴのようにむくことができず、串切りをしてから種を取り除いて、面取りをするように皮をむきます。

グラニュー糖をかけ、バーナーでキャラメリーゼした洋ナシを皿に並べて冷すと、とても美味しく私が好きな食べ方です。

洋ナシはキャラメルと相性がよく、抜群の組み合わせで、ムースにしても美味しいです。 スイーツだけではなく、生ハムとの組み合わせや、鴨肉にリンゴと共に添えるフレンチも美味しいです。

追熟が必要な果物があることを知り勉強になりました。すぐに食べたい気持ちを「グッ」と我慢して追熟させ、美味しい洋ナシを味わいたいです。女性 ヒゲ脱毛