紫外線対策は、夏だけではないのを知っていますか

地球上に住むほとんどの生物は、太陽から光線を浴びて生存しています。

その太陽光線には、赤外線、紫外線、可視光線の大きく3つに分けることができ、我々の体のメカニズムを考えると太陽光線はなくてはならない存在なのです。

我々の肌には、太陽の光線が良いわけでもありません。

紫外線は肌にとって有害な光を発しています。例えば肌の弾力を保つエラスチンやコラーゲンを変性させることでシワが起こりやすくなります。

紫外線から肌を守るためにはどのようにすればよいのでしょうか。

紫外線が多く降り注ぐ日の外出時には、日傘を差す、つばが大きめの帽子を被る、肌の露出が少ない服を着るなど、出来るだけ紫外線を直接浴びないように心掛けましょう。

また、紫外線防止効果のある化粧品を使うことも有効的です。

紫外線は、地球上の生命を存続させる太陽光線のひとつです。紫外線に当たることによって必要なビタミンDが形成されるため、日光を浴びることは大切です。紫外線が強いからといって外出を控えるのではなく、対策をしっかりと行った上で太陽の恵みを存分に受けましょう。ミュゼ 780円 キャンペーン